2014年07月11日

大葉万年青「駿河富士」

surugafuji2.JPG◎大葉万年青(オオハオモト)画像の様な、芽だしの美しさを永く愛でるには、明るい日陰で管理する事をお勧めします。
posted by 珍貴草倶楽部 at 13:38| ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

石化するニシキオトメギボウシ

nisikiotomesekkaba.JPG◎毎年この株の葉は2~3枚繋がって出るが、稀に葉柄が一本に纏って一枚の盃形に石化?するニシキオトメギボウシを長年作っているが、今年も石化した葉を表したので皆様にお披露目して見ます。
posted by 珍貴草倶楽部 at 11:37| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

ムレチドリ(群千鳥)

murechidori.JPG◎ムレチドリ(群千鳥)
ラン科ステノグロッティス属で産地は南アフリカ~タンザニアに自生する野生蘭であるが、何故か日本名が「群千鳥」と名付けられている。開花期は9~10月で約2ヶ月間花を楽しめる。管理は国産千鳥類と同じ要領用土で可・球根で増殖する。
※画像の固体は交雑種と思われる。
posted by 珍貴草倶楽部 at 06:51| 野性蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

路傍で見かけた斑入り蓬(ヨモギ)

yomogi.JPG◎散歩途中の道端で見かけたヨモギの斑入りで十本程度群生していました・・・果たして珍品???
タグ:斑入り蓬
posted by 珍貴草倶楽部 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

丹精込めて十数年・・・

umamoefu.JPG◎爪楊枝より少し太めの種木から取り木しツツ丹精込めて仕上げた木姿・・・わーい(嬉しい顔)我ながら良い出来映えと思う。
posted by 珍貴草倶楽部 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

バイケイソウ「縞」(シュロソウ属)

baikeisou.JPG◎バイケイソウ縞(梅尅)・昨年数条の縞を頼りに求めたのですが、これ程素晴らしい縞に大変身するとは・・・・・鉢の高さは14a・かなり大型の山野草で見応え充分ですが置き場所の確保を考える必要のある植物です。
posted by 珍貴草倶楽部 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

ボウランに花が咲いた

bouran.JPG◎ボウランに花が咲いていた。下から覗く様に撮らないと花全体は映らない。毎年咲いているのだが上から見ていると目立たない色なのでツイ見逃して仕舞う。
 ※ タコ壺に張り付いている根の無い植物でパイナップル科で一般にチランドシアと呼ばれている着生蘭と相性の良い植物です。
タグ:ボウラン
posted by 珍貴草倶楽部 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

ヒメトクダマギボシ「紺覆輪萌黄中斑」

himetokunaka.JPG◎ヒメトクダマギボシの紺覆輪萌黄中斑です。葉姿がヒメトクダマにしてはスマートな剣型ですが大きくなりません。
タグ:ギボシ
posted by 珍貴草倶楽部 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

オキナワチドリ「雪白爪覆輪蹴込み縞」

satumatidori.JPG◎オキナワチドリの雪白爪覆輪蹴込み縞です。
posted by 珍貴草倶楽部 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野性蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

ナルコユリ「白縞」

narukosiro1.JPG◎ナルコユリの白縞です。白地に引かれ葉姿が撚れて仕舞い整った葉姿が出来ない。
タグ:ナルコユリ
posted by 珍貴草倶楽部 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

龍の髭芽替わりの現場

ryu1.JPG◎画像の龍の髭(リュウノヒゲ)は名品「黒龍晃」で、我が家の棚で新しい品種に生まれ変わろうとしている現場写真です。
 元々黒龍晃は、昔 趣味家の○×晃さんの棚で、黒龍から芽替わりで誕生し命名された品種と聞き入手・長年愛培?していたモノから芽替わりするとは、変化し易い性なのかも知れません。 名前は色彩から「萌龍」わーい(嬉しい顔)葉に獅子芸があるので'萌龍獅子'ふらふら
タグ:龍の髭
posted by 珍貴草倶楽部 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

リュウノヒゲ「黒龍晃」

ryunohige.JPG◎黒(濃紫)'萌黄'緑'白の四色を魅せる龍の髭で、昔々趣味家の棚で芽替わりして「黒龍晃」と命名された名品です。
タグ:黒龍晃
posted by 珍貴草倶楽部 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユキザサ「総白散り斑」

amasoutiri.JPG◎ユキザサの「総白散り斑」です。最終芸は後暗みで葉縁に白い糸覆輪を残します。
posted by 珍貴草倶楽部 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

アマドコロ「三筋甲竜」

misuji.JPG◎葉表に三筋の龍を引く変わった芸のアマドコロです。花も弁先淡い緑に染て愛らしい。
posted by 珍貴草倶楽部 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

オオハギボシ「白竜」

otomehakuryuu1.JPG◎オオハギボシの白竜です。紺覆輪雪白中透け斑で葉中心付近より先に獅子芸を魅せます。
posted by 珍貴草倶楽部 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

新タイプのアマドコロ「茶覆輪縞」

amatya1.JPG◎今まで見掛けなかった茶覆輪縞のアマドコロです。東北地方の山採りらしいです。
タグ:アマドコロ
posted by 珍貴草倶楽部 at 13:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

カキラン(柿蘭)「黄花」

kakiki.jpg◎カキランの黄花です。画像の固体は青軸で花色は清楚な感じの黄色です。
posted by 珍貴草倶楽部 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 野性蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

カキラン(柿蘭)「無名赤花」

kakiranaka.jpg◎カキランの赤花です。普通花と色彩の違いを比較してご鑑賞下さい。
posted by 珍貴草倶楽部 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 野性蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

シシンラン(絶滅危惧種)

sisinran.jpg◎絶滅危惧種の「シシンラン斑入り」です。
 4~5年前オークションで入手した時の植え方のままミズゴケで植え替えていましたが、一向に増殖の気配が無いためファインモス混合の用土に数年前変えた所株分け出来る程元気に育ち始めました。
 
posted by 珍貴草倶楽部 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イワタバコ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

ハンショウヅル「黄斑」

hanshouzuru.jpg◎ハンショウヅルの黄斑です。相当派手ですが枯れる事はありません。
posted by 珍貴草倶楽部 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。